エンタメピッチャー

音楽記事を中心に、幅広くエンタメ記事を配信していきます。記事の内容に関しまして、万が一問題等ございましたら【indoorz.koushiki(あっとま~く)じーめーるどっとこむ】までご連絡ください。

【ジャニーズJr.祭り 2017】追加公演(埼玉)ジュニア枠 応募方法 デジタルチケット導入で転売・譲渡はなくなる?

スポンサーリンク

Mr.KINGやPrinceなどのジャニーズJr.の人気ユニットが出演する『ジャニーズJr.祭り』は、残すところ、5月3日の大阪城ホール公演のみかと思っていたのですが、埼玉スーパーアリーナ追加公演の発表がありました。ジュニア情報局のチケット申し込みもスタートしているようで、応募方法や今回導入されたデジタルチケット等について、ツイッターでも話題になっています。

申し込み締切日・当落日・振込締切日はいつ?

【公演日】
4/8(土) 12:30 / 17:00
4/9(日) 12:30 / 17:00

【会場】
埼玉スーパーアリーナ

【申し込み方法(流れ)】
WEBにて申込み→当選者はペイジー決済→デジタルチケットのお届け(QRコード配信)

【申し込み日程】
公演発表:3/26(日)昼公演
申込締切:3/28(火) 12:00
当落発表:3/30(木)
振込締切:4/2(日) 23:59まで

デジタルチケット導入で・・・

デジチケ(デジタルチケット)でペイジー決済なのでこういった早い対応が出来るようですね。キスマイアリーナツアー発表からジャニーズ大運動会、そしてジャニーズJr.祭り追加公演とデジタルチケットが続いています。これからコンサートの発表を控えているジャニーズグループのファンは、このままデジチケが定着するのか?とドキドキしているようです。

最初は、戸惑いますが、慣れると便利ですが、本人確認についてあまりにも厳しくされると窮屈に感じるのも事実ですので、これからジャニーズのチケット形態がどうなっていくのか注目ですね。

転売・譲渡はなくなる?

デジタルチケットの導入は明らかに高額転売対策です。ただ、2次流通サイトの「チケットキャンプ」では、デジタルチケットでも顔認証システムがない公演や、本人確認が全員対象ではない公演に関しては、取引が行われていますので、転売や譲渡がなくなるということはないかもしれませんね。

実際にキスマイのアリーナツアーもデジタルチケットですが、「QRコードをお送りします。」等と書いて、出品している方、取引が成立している方が数多くいました。

今回の『ジャニーズJr.祭り』は、大阪公演も「チケットキャンプ」等でたくさんチケットが出品されていますので、追加公演も、顔認証や、よほど厳しい本人確認がない限り、転売や譲渡がなくなるということはないでしょう。

2次流通サイト自体は、どうしても行けなくなった時等に便利ですので、そういった意味ではありがたいのですが、高額な出品と、明らかに違法な「転売目的での出品」はなくなって欲しいですね。

【関連記事】

【ジャニーズJr.祭り 2017】追加公演 同行者情報登録は?本人確認で退場の可能性も!?